ツール・ド・フランス4賞ジャージがさいたまに集結…史上初で注目度アップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・フランス4賞ジャージがさいたまに集結…史上初で注目度アップ

スポーツ 短信

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムに4賞ジャージが勢ぞろい。左からサガン、フルーム、イェーツ、マイカ
  • ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムに4賞ジャージが勢ぞろい。左からサガン、フルーム、イェーツ、マイカ
  • ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム、海外招待チームの選手たちが市内交流会(2015年10月23日)
  • ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム、海外招待チームの選手たちが市内交流会(2015年10月23日)
  • ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム、海外招待チームの選手たちが市内交流会(2015年10月23日)
  • ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム、海外招待チームの選手たちが市内交流会(2015年10月23日)
ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムに出場する選手が9月29日に発表され、マイヨジョーヌのクリストファー・フルーム(英国、スカイ)をはじめとする4賞ジャージ獲得者がすべて出場することが明らかになった。4賞ジャージがそろうのは大会史上初。

個人総合優勝のフルーム、ポイント賞のマイヨベールを獲得したピーテル・サガン(スロバキア、ティンコフ)、山岳賞のマイヨブラン・アポワルージュを獲得したラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ)、新人賞のマイヨブランを獲得したアダム・イェーツ(英国、オリカ・バイクエクスチェンジ)が来日する。

また、7月の大会でステージ優勝するなど活躍したマルセル・キッテル(ドイツ、エティックス・クイックステップ)、ロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)が参戦。新城幸也(ランプレ・メリダ)と別府史之(トレック・セガフレード)も特別チームで参加する。

ロンドン五輪のメダリストとしてはマイカが個人ロードレースで銅メダル、フルームが個人タイムトライアルで銅メダルを獲得している。リオ五輪男子ロードに出場した選手はブリヂストンアンカーの内間康平を含めて13人。今回で4回目となる大会だが、これまで以上に豪華なラインナップとなった。

世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスの姉妹大会となる同レースは、10月29日にさいたま新都心で開催される。

●海外招待選手
クリストファー・フルーム、ミカル・ゴラス、ワウテル・ポエルス、イアン・ボズウェル(以上スカイ) ピーテル・サガン、ラファウ・マイカ、ユライ・サガン、パベル・ポランスキー(以上ティンコフ) アダム・イェーツ、サイモン・ゲランス、クリストファー・ユールイェンセン、クリスティアン・メイヤー(以上オリカ・バイクエクスチェンジ) ロマン・バルデ、アレクシス・ビエモーズ、サミュエル・デュムラン、ミカエル・シェレル(以上AG2Rラモンディアル) マルセル・キッテル、ファビオ・サバティーニ、ジュリアン・ベルモート、ペトル・バコッチ(以上エティックス・クイックステップ) シモン・ゲシェケ、ジーコ・ワイテンス、クーン・デコルト、ゲオルグ・プライドラー(以上ジャイアント・アルペシン) 新城幸也、別府史之(以上ツール・ド・フランスジャパンチーム)
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top