「金本も頑張れ」広島ファンの想い届かず…優勝は9日以降に持ち越し | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「金本も頑張れ」広島ファンの想い届かず…優勝は9日以降に持ち越し

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
阪神は9月8日に甲子園で対戦したが1-3で敗れ、またも甲子園で巨人に勝つことができなかった。この結果により広島の優勝は9日以降に持ち越されている。

広島が優勝へのマジックナンバーを2として迎えた8日の試合。マツダスタジアムで広島が中日に勝ち、甲子園で阪神が2位の巨人を下せば広島の地元胴上げが決まる。

甲子園の外野席には広島ファンの姿、一方のマツダスタジアムのスタンドには、「金本も頑張れ」のボードを掲げるファンがいた。現役時代に広島でもプレーした、阪神の金本知憲監督に地元優勝へのアシストを託す。

同じ想いで試合を見ていたファンからは、「「金本も頑張れ」ってボード掲げてる人いる」「金本も頑張れは草」「金本も頑張れってあげてる人映ったね。みんな同じ気持ちだね」「金本も頑張れボードは今世紀最大の爆笑ネタ」「せめて金本さんにしよーや。カープのためにがんばってくれとるんじゃけぇ」などの声が寄せられていた。

だが試合は阪神1点リードで迎えた八回、2番手の藤川球児が坂本勇人に代打逆転3ランを被弾して敗れた。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top