【リオ2016】宿泊価格が高騰するリオデジャネイロに戸惑う観光客を救う、Airbnbという圧倒的受け皿 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【リオ2016】宿泊価格が高騰するリオデジャネイロに戸惑う観光客を救う、Airbnbという圧倒的受け皿

ライフ 社会
リオデジャネイロ五輪の開会式当日の様子(2016年8月5日)
  • リオデジャネイロ五輪の開会式当日の様子(2016年8月5日)
  • リオデジャネイロ五輪の開会式当日の様子(2016年8月5日)
  • リオデジャネイロオリンピック イメージ
リオデジャネイロオリンピック期間、世界各国から数十万人以上がこの地を訪れると見込まれている。その際にリオ市がぶつかる壁は、「宿泊施設」の問題だ。

カーニバルの時期などは宿泊費が異常に高騰するばかりか、世界中から殺到する旅行者に宿泊施設が溢れかえることすらあるとも聞く。オリンピックはさらにこの「宿泊施設問題」が浮かび上がるだろうと開催前から予測されていた。

その解決策のひとつとなるのが、「Airbnb」だった。家の空きスペースと、旅行者をマッチングさせる民泊サービス。2015年春にはリオオリンピックの宿泊施設の選択肢のひとつとして、公式サプライヤーに決定している。

リオは世界各国と比較しても登録数の多い国である。五輪開催前のAirbnbによる発表によると、期間中、世界110カ国以上から55,000人以上の宿泊客を受け入れる予定であるということだった。




リオ五輪チケットを購入できる公式サイトを覗いても、きちんとAirbnbがリンクされていた。リオ市としても利用を推奨しているのがわかる。20000もの施設をリオデジャネイロでは提供しているという。




僕も試しに1泊泊まってみようと思ったのだけれど、断られた。この期間はやはり予約が多く埋まっているようだ。1泊だけの宿泊というのが、好意的にはとられなかったというのもあるだろう。




いずれにせよ、宿泊費が高騰する中2000~3000円で宿泊ができるというのは嬉しい。ドミトリーのゲストハウスなども価格帯はこの付近だ。当日の宿も探せるので、全ての施設で「予約が殺到している」というわけではなさそうだが、宿泊費が高騰した高級ホテルには手を出せない観光客の受け皿的存在として、「Airbnb」がしっかりと存在感を示しているようすを確かに見た。

日本では法的にグレーゾーンとされるこの「Airbnb」だが、宿泊施設の問題に、東京五輪ではどういったアプローチがされるのか注目だ。
《大日方航》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top