日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝

イベント スポーツ
日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
  • 日本プロゴルフマッチプレー選手権、初出場の時松隆光が優勝
「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」が2016年7月29日(金)~31日(日)の3日間、恵庭カントリー倶楽部にて開催された。

最終日となった7月31日(日)、快晴の中で準決勝の2試合、決勝戦の合計3試合が行われた。32名のトッププロ達による激戦を制したのは、初出場の時松隆光。32人目の最後の枠に滑り込んだ時松は、先々週の「ジャパンクリエイトチャレンジin 福岡雷山」、先週の「ダンロップ・スリクソン福島」に続く3週連続優勝を果たすと共に、優勝賞金1億円を獲得した。

午前中に行われた準決勝で時松は、2014年賞金王の小田孔明と対戦し、1アップで勝利。二回戦の藤田寛之、三回戦の谷口徹に続き、賞金王3連戦を制して決勝進出を決めた。決勝の相手は、日本オープンチャンピオンの小田龍一。時松は序盤から流れに乗り、前半を5アップという大差で折り返す。

後半に入ると小田が息を吹き返し、オールスクエアまで挽回。しかし、小田は17番ホールでティショット、セカンドショットと立て続けにミスし、時松が流れを引き戻した。最終ホールは、時松が約2mのパットを決めて勝利を手にした。

時松プロは、「決勝戦、前半は僕に流れがありましたが、後半は小田プロに流れを奪われてしまいました。状況がここまで顕著に変わる経験がないので、小田プロに流れがある時は、メンタルをコントロールすることを意識しました」とコメント。今回の優勝を機に海外を視野に入れたいと話し、「アジアンツアーやヨーロッパツアーなど、是非挑戦してみたいと思います」と意気込みを語った。

準優勝の小田は、時松の調子が良かったと言い、「5ダウンになった時には、「もう行くしかない」と決心して勝負しました」とコメント。あまり感情を見せない小田だが「クラブハウスに戻りながら悔しいなと今週初めて思いました」と意外な心境を語ると、「来年、しっかり調整して挑戦したいと思います」と次の大会への参加に意欲を見せた。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top