長友佑都のサッカー日本代表招集は「バカみたいに走っていたから」…岡田武史と再会 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

長友佑都のサッカー日本代表招集は「バカみたいに走っていたから」…岡田武史と再会

スポーツ 選手

長友佑都(インテル・ミラノ)のインスタグラムより
  • 長友佑都(インテル・ミラノ)のインスタグラムより
サッカー日本代表の長友佑都(インテル・ミラノ)が6月25日、元サッカー日本代表監督で現FC今治オーナーの岡田武史氏とのツーショットをインスタグラムに投稿した。

この日、故郷の愛媛県で長友は、同県今治市をホームタウンとするFC今治のクラブハウスを訪れて岡田氏に再会した。

岡田氏との出会いは、長友がFC東京に入団したプロ1年目。2008年に岡田氏が率いる日本代表に招集されたことだった。「日本代表に選出した理由をお聞きしたら、バカみたいに走っていたから。だそうです。笑」と岡田ジャパンに選出された理由を明かしている。

長友は、岡田氏の指揮のもとで2010年の南アフリカワールドカップに出場。日本代表の決勝トーナメント進出に貢献する活躍を見せた。


「今はFC今治のオーナーとして、大きな夢を持ち、大きな挑戦をされていて、僕自身刺激を頂きました」と再会を振り返った。「みなさん僕の地元FC今治の応援もよろしくお願いします!」と続け、地元で挑戦を続けるクラブへの声援を呼びかけている。

ファンからは、「肩組んでるの微笑ましい!」「肩は組んでいるのに距離感がある(笑)」「愛媛へお帰りなさい~!」「南アフリカを思い出す!」「同じ愛媛県で嬉しいし誇りです!」などのコメントが寄せられていた。
《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top