広島、サヨナラ勝利で18年ぶり9連勝…阪神はドリスが誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、サヨナラ勝利で18年ぶり9連勝…阪神はドリスが誤算

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
広島は6月26日、マツダスタジアムで阪神と対戦。最終回の見事な逆転で4-3とサヨナラ勝利を飾り、18年ぶりの9連勝を達成した。

広島の勢いが止まらない。2-2で迎えた8回表、阪神・福留孝介外野手の適時打で1点を勝ち越されるも、9回裏に2死満塁の好機を作ると、會澤翼捕手が適時打を放って同点とする。さらに続く満塁の好機で松山竜平外野手が放った打球を、中谷将大外野手が落球して勝負あり。広島の勢いを象徴するかのようなサヨナラ勝利となった。

これに対してファンからは、「広島の勢いが最後の最後で出た!これは止まりそうもない」「勝ち方もいいし、投打がかなり充実している。選手層も前より厚くなってきたし、期待がもてる!」「阪神はリリーフにまともなのがおらん。終盤にピッチャー崩れて落とすゲームを何試合みてきたか…」など広島の勢いに言及する声が多く寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top