陸上・女子5000m、尾西美咲リオ五輪代表内定「自分の全力がもつ場所からいこうと思っていた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

陸上・女子5000m、尾西美咲リオ五輪代表内定「自分の全力がもつ場所からいこうと思っていた」

スポーツ 短信

陸上・女子5000m、尾西美咲リオ五輪代表内定「自分の全力がもつ場所からいこうと思っていた」
  • 陸上・女子5000m、尾西美咲リオ五輪代表内定「自分の全力がもつ場所からいこうと思っていた」
リオ五輪の代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権の第3日が、6月26日に名古屋のパロマ瑞穂スタジアムで開催された。

女子5000mは尾西美咲選手(積水化学)が15分19秒37で優勝し、リオ五輪代表に内定した。レース後のインタビューには以下のように答えた。

---:素晴らしいレースでした。

尾西選手:半分以上の人が1万(メートル走)も走っているということでしたので、負けられないなと。ラストが自分の持ち味なので、そこまでタメることができてよかったです。

---:ラスト200メートルからペースを上げましたね。

尾西選手:自分の全力がもつ場所からいこうと思っていました。

---:リオ五輪代表に内定ですが。

尾西選手:初めてオリンピック大会を目標に掲げることができた大会だったので、しっかり頑張れました。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top