上原浩治、3者連続三振で今季2セーブ目…メジャー通算500奪三振 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

上原浩治、3者連続三振で今季2セーブ目…メジャー通算500奪三振

スポーツ 短信

上原浩治 参考画像(c)Getty Images
  • 上原浩治 参考画像(c)Getty Images
  • 上原浩治 参考画像(2016年6月22日)
  • 上原浩治 参考画像(2016年6月22日)
  • 上原浩治(c)Getty Images
  • 上原浩治 参考画像(2016年5月24日)
  • 上原浩治 参考画像(2016年5月24日)
  • 上原浩治 参考画像(2016年5月11日)
  • 上原浩治 参考画像(2016年4月25日)
ボストン・レッドソックスの上原浩治が6月24日、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に登板し1回を無安打無失点、3奪三振で締め今季2セーブ目を挙げた。上原はメジャー通算500奪三振を達成している。

22日のシカゴ・ホワイトソックス戦では2本の本塁打を浴び3失点。大乱調だった上原だが、この日は打って変わって快投を見せた。チームは九回表に一挙4点を取り3点差を逆転、1点リードで裏のマウンドを上原に託す。

上原は先頭のプリンス・フィルダーを外角高めの直球で空振り三振、続くエルビス・アンドラスにはスプリットを低目に落として空振りさせた。最後のルーグネッド・オドーアも外角低めのスプリットを振らせ、名誉挽回の3者連続三振で最少リードを守り抜いた。

上原の好投にファンからは、「イチローもすごいけど、上原もすごい!」「キンブレルが投げられない日でも、九回を任せられる投手がいるのは監督も心強い」「前の日にキンブレルが2イニング投げて登板不可能。そこで回ってきた代役で結果を残せるのは持ってる」「メジャーのバッターから高めストレートで空振り三振を取れるのはすごい」などの声が寄せられている。

フィルダーを空振りさせた直球は86マイル(約138キロ)。球速だけでは説明できない上原の直球の打ちにくさが見られた。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top