上原浩治、田澤純一が好リリーフ…レッドソックスが15得点で大勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

上原浩治、田澤純一が好リリーフ…レッドソックスが15得点で大勝

スポーツ 短信

上原浩治(c)Getty Images
  • 上原浩治(c)Getty Images
  • 野球ボール イメージ
ボストン・レッドソックスは6月11日、敵地でミネソタ・ツインズと対戦し15-4で勝利した。レッドソックスの田澤純一投手、上原浩治投手はともに1イニングを投げ無失点に抑えている。

レッドソックスは初回にジャッキー・ブラッドリーの3ラン本塁打などで4点を先制。一時はツインズに追いつかれるも、中継ぎ陣が踏ん張って逆転を許さない。田澤は同点の七回に4番手として登板、1安打されるが無失点に抑えた。

八回表に5点を勝ち越したレッドソックスは、裏のマウンドに上原を上げる。上原は打者3人から2三振を奪う完璧なリリーフで九回につなげた。

大勝にレッドソックスファンは、「今年の東地区はもらったな」「終盤に5点ずつ取る今年の打線は本物だ」「上原は配置転換の難しさもあって防御率悪化したけどまだ6月。ここから取り戻せる」「このままツインズをスウィープしよう」「ベッツ、ボガーツ、ブラッドリーのキラーBが大活躍」など喜びの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top