サッカー日本代表を夢みる黒人選手へサポーターが人種差別発言か | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカー日本代表を夢みる黒人選手へサポーターが人種差別発言か

ライフ 社会

カイオ・ルーカス・フェルナンデス選手 参考画像
  • カイオ・ルーカス・フェルナンデス選手 参考画像
  • カイオ・ルーカス・フェルナンデス選手 参考画像
熱狂的なサポーターは味方を応援するだけでなく、時に敵を攻撃してしまうこともある。それも人道的ではない形で・・。

6月11日に埼玉スタジアムで行われたサッカーJ1リーグ戦15節「浦和レッズvs鹿島アントラーズ」の試合後、決して許されない出来事があった。

試合は、2-0で鹿島アントラーズの勝利。その鹿島の選手の1人でもあるカイオ・ルーカス・フェルナンデス選手が、サポーターからとんでもない一言を放たれていた。

ブラジル生まれのカイオ選手は、2011年に千葉国際高等学校に留学するため来日。
そして、2014年に鹿島アントラーズに入団し、外国人選手としては史上初のベストヤングプレーヤー賞を受賞した。

そんな彼の夢の一つは、日本代表としてオリンピックに出場すること。

今年の秋には「5年以上日本に住所を持つ」という日本の帰化条件を満たす予定。帰化すればカイオ選手は夢に大きく近づく。

そんなカイオ選手が浦和サポーターと想定される人間から、人として許しがたい発言を受けた。カイオ選手はすぐに反応を示し、自己の見解を示す。




決して許されるツイートではない。

カイオ選手が自ら反応を示し、「こういったことをしてはいけない」と世の中の人に対して啓蒙している。

浦和レッズでは、過去にも同じような事件があった。

2014年3月に埼玉スタジアムで行われたJ1リーグ第2節「浦和レッズvsサガン鳥栖」の試合で、差別的な内容の横断幕が掲げられていた。



ゲートの入り口に貼り付けられた「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕・・。
それは警備員の注意にもかかわらず、試合終了まで掲げられていた。

浦和レッズDF槙野智章選手も、この横断幕に憤りを覚え、下記のようにツイートしている。




この一件にJリーグは浦和レッズに対して、1試合の無観客試合の制裁を科した。
こちらの動画は、その無観客試合の様子。


サポーターの人種差別的な行動は、自分が応援しているチームにも迷惑をかけている。これを誤った行動と言わず、何と言うのだろうか。

今回のツイートで、浦和レッズから鹿島アントラーズへと謝罪の電話もあったそう。このように1人の不用意な発言がことを大きくしている。

誰の力にもならない勝手な言葉が浦和サポーターの品位を下げ、カイオ選手本人はもちろん、浦和の選手やスタッフなど多くの人に迷惑をかけている。

何より人種差別は絶対にあってはならない。「スポーツを応援することと、人種差別することは全く違う」そう気付いていればこんな悲しい事件は起きないはずだ。
記事提供:@Heaaart

編集部おすすめの記事

page top