メッツの投手、43歳コローンが全力疾走!キャリア3本目の二塁打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

メッツの投手、43歳コローンが全力疾走!キャリア3本目の二塁打

スポーツ 短信

ベテラン右腕バートロ・コローンがキャリア3本目の二塁打(2016年6月16日)
  • ベテラン右腕バートロ・コローンがキャリア3本目の二塁打(2016年6月16日)
  • ベテラン右腕バートロ・コローンがキャリア3本目の二塁打(2016年6月16日)
  • ベテラン右腕バートロ・コローンがキャリア3本目の二塁打(2016年6月16日)
  • ベテラン右腕バートロ・コローンがメジャー19年目で初アーチ(2016年5月7日)
ニューヨーク・メッツのバートロ・コローン投手が6月16日、ピッツバーグ・パイレーツ戦に先発登板。7回2/3を投げ、7安打2失点、8奪三振で今季6勝目を挙げた。

この日のコローンは本職の投球だけでなく、打って走って大活躍だった。三回に先頭打者として打席に入ると、外角寄りの球を右中間へ。巨体を揺らしながら二塁まで走った。

コローンは続くカーティス・グランダーソンの当たりが中前にポトリと落ちたのを見てスタート。全力疾走で三塁まで進む。さらに1死一、三塁と変わった場面ではヨエニス・セスペデスの犠飛で本塁に生還。自らリードを2-0に広げるホームを踏んだ。


5月に誕生日がきて43歳になったコローン。ベテランの全力プレーに観客席からも大歓声が起こった。ピッチングでは八回に2失点して途中降板したものの、それまでは持ち前の投球術と制球力でパイレーツ打線を封じ込めた。

2005年サイ・ヤング賞投手の投打にわたる活躍にファンは、「今夜の彼は本当に素晴らしい活躍だった」「彼が走ってる姿は応援したくなると同時に、途中で心臓発作を起こさないか心配でもあった」「伝説は終わってなかった」「彼は特別な何かを持ってる人間だ」などのコメントを寄せている。

5月7日には42歳と11カ月でホームランを放ち、メジャー最年長初ホームラン記録を塗り替えたコローン。まだまだベテランは健在だ。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top