サッカーイタリア代表、EURO2戦目のジンクス克服なるか | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカーイタリア代表、EURO2戦目のジンクス克服なるか

スポーツ 短信

サッカーイタリア代表 参考画像(2016年6月14日)
  • サッカーイタリア代表 参考画像(2016年6月14日)
  • サッカーイタリア代表のジャンルイジ・ブッフォン 参考画像(2016年6月13日)
  • サッカースウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチ 参考画像(2016年6月5日)
サッカー欧州選手権(EURO)で6月17日、グループE第2節のイタリア対スウェーデン戦が行われる。この試合にイタリアはグループステージ突破がかかっている。

イタリアの対スウェーデン対戦成績は、直近4試合で3勝1分けと負けていない。スウェーデン相手には18年間無敗で通している。特に今回のイタリアは初戦でFIFAランク2位のベルギー(1位はアルゼンチン)を破り、チームに勢いがある。

不安なデータは過去、イタリアがEURO本大会で初戦から連勝したのが2000年大会しかないということだ。2戦目の勝率が悪いことは同国代表GKジャンルイジ・ブッフォンも気にしており、「歴史的に見て、特に最近のイタリアは2戦目に問題を抱えている。この流れを変えられるかは僕らにかかっている」と話した。

ブッフォンはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを警戒しているとも語った。ほかにもトップレベルの選手はいるが、わけてもイブラヒモビッチは「厄介な相手になる」と言う。

注目のイタリア対スウェーデン戦は日本時間17日22時キックオフ予定。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top