DeNA、筒香嘉智の決勝打でオリックスに快勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA、筒香嘉智の決勝打でオリックスに快勝

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
DeNAは6月10日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。息詰まる投手戦は、DeNAが筒香嘉智外野手の決勝打により3-1で勝利した。

DeNAは3回表、桑原将志外野手のソロ本塁打で幸先よく1点を先制。その後、同点とされるも、8回表には1死満塁の好機を作り、主砲・筒香が適時打を放って2点の勝ち越しに成功した。投げては、先発の久保康友投手が、8回途中1失点の好投を見せ、今季3勝目を挙げた。

これに対して、「久保が久しぶりにナイスピッチングじゃないの!?これからどんどん勝てると先発ローテが安定する」「東明があれだけ投げてるのに、打線が情けない…。中島もこういう試合での一発がほしい」「筒香は4番の仕事をした!貫禄が出てきたよな~爽快な当たりのタイムリーだった」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top