ツール・ド・東北、今年も“食”が充実…創作丼のグランプリ開催へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・東北、今年も“食”が充実…創作丼のグランプリ開催へ

イベント スポーツ

ツール・ド・東北2016広報大使の道端カレン(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使の道端カレン(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使、東北応援大使、グルメ大使就任発表会(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使、東北応援大使、グルメ大使就任発表会(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使、東北応援大使、グルメ大使就任発表会(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使、東北応援大使、グルメ大使就任発表会(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016東北応援大使に谷真海が就任(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使の道端カレン(2016年6月1日)
  • ツール・ド・東北2016広報大使、東北応援大使、グルメ大使就任発表会(2016年6月1日)
宮城県沿岸部を舞台にしたサイクリングイベント「ツール・ド・東北2016」が9月17日・18日に開催。同大会はエイドステーションやメイン会場の“食”も魅力だ。

今年のツール・ド・東北のテーマは「新しい東北の魅力を発見」。食に関しても新しい魅力を発見できる創作丼のグランプリ「ツール・丼・東北グランプリ」の開催が6月1日に発表された。

ツール・ド・東北でグルメ大使を務めるフォーリンデブはっしーさんは、「現地の方々がエイドステーションでつみれ汁を作ってくれたり、朝採れたホタテを焼いて提供してくれて、参加ライダーたちを応援してくれる。ライダーたちも食べて応援できる。応援しあって絆を作れる」とイベントを紹介する。



同日ははっしーさん、広報大使の道端カレンさんなどにツール・丼・東北グランプリにエントリーする「ガーリックバター香るホタテチャーハン丼」が提供された。東京の新橋に店を構えるチャーハン専門店のチャーハン王が作ったものだ。

東北のホタテをふんだんに使ったチャーハンに道端さんは、「チャーハンにホタテを入れるってやったことがなかったのですが、すごくあいますね!」と舌鼓を打つ。

グランプリには「漁師のホヤビビンパ」「格之進・肉屋の“塩麹ソース”メンチカツ丼」なども登場する。ツール・ド・東北のエイドステーションやメイン会場では「ツール・ド・東北 応“縁”飯」を今年も行い、参加ライダーや応援する家族たちを迎え入れる。
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top