岩隈久志、7回4失点も4勝目…マリナーズ打線が14安打16得点の猛攻 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

岩隈久志、7回4失点も4勝目…マリナーズ打線が14安打16得点の猛攻

スポーツ 短信

岩隈久志 参考画像(2016年5月31日)
  • 岩隈久志 参考画像(2016年5月31日)
  • 岩隈久志 参考画像(2016年5月25日)
シアトル・マリナーズは5月31日、サンディエゴ・パドレスと対戦し16-4で勝利した。マリナーズ先発の岩隈久志は7回を投げ、5安打4失点、5奪三振で4勝目を挙げている。

1-0とリードして迎えた二回、マリナーズ打線が2死走者なしから爆発する。ルイス・サーディナス、青木宣親が連打で出塁。四球ふたつで押し出しの1点を追加すると、ネルソン・クルーズが2点適時打、カイル・シーガーには3ラン本塁打が飛び出し一挙6点を奪った。その後も止まらないマリナーズ打線はリードを広げ続ける。

大量援護をもらった岩隈は五回まで無失点ピッチング。六回、七回に3本の本塁打を浴び4失点するが4勝目を挙げた。

この勝利にマリナーズファンからは、「今年のチームは2001年を上回る、最高のチームかもしれない」「最近はビジターだけじゃなくホームでも勝ってるな」「岩隈は5回までは彼本来のピッチングに見えた。それだけに6回のホームラン2発はもったいなかった」「5安打中3本がホームランなのは気がかりだけど、7回まで投げてくれたし勝ったからチームとしてはOKでしょ」などの声が寄せられている。

1番・中堅手で先発した青木宣親は5打数2安打、1四球だった。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top