若の里が半生を綴った自伝本「たたき上げ」発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

若の里が半生を綴った自伝本「たたき上げ」発売

エンタメ 出版・映像
若の里が半生を綴った自伝本「たたき上げ」発売
  • 若の里が半生を綴った自伝本「たたき上げ」発売
大空出版は、力士・若の里の土俵人生を綴った自伝本「たたき上げ」の発売を開始した。

「たたき上げ」は、元関脇 若の里(現西岩親方)が山あり谷ありの力士人生を綴った一冊だ。相撲との出会い、大関目前といわれた充実期や度重なる手術、師匠の急逝など、自らの半生が書き綴られている。付録は全星取表。四六判、232ページ。価格は1200円(税抜)。

若の里は、中学卒業と同時に15歳で上京。角界一厳しいと言われた鳴戸部屋で下積み時代を過ごし、番付を順調に駆け上がった。史上1位となる連続三役在位19場所をはじめ、23年半の土俵人生の中で数々の記録を打ち立てた。平成27年9月場所前に現役引退を発表。現在は、田子ノ浦部屋の部屋付き親方として後進の指導を行っている。

■目次
・第1章:相撲との出会い、そして旅立ち
・第2章:稽古漬けの青春
・第3章:大関取りへの道は険しく
・第4章:引退の花道に、こらえきれず涙
・第5章:たたき上げの誇り
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top