ラグビー日本代表・大野均「胸が熱くなった」…青春ラグビー小説『不惑のスクラム』 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラグビー日本代表・大野均「胸が熱くなった」…青春ラグビー小説『不惑のスクラム』

ライフ 社会
青春ラグビー小説「不惑のスクラム」(安藤祐介・KADOKAWA)
  • 青春ラグビー小説「不惑のスクラム」(安藤祐介・KADOKAWA)
  • ラグビー日本代表の大野均が青春ラグビー小説「不惑のスクラム」にコメント
KADOKAWAは、草ラグビーを題材にした安藤祐介による青春ラグビー小説『不惑のスクラム』の重版を決定した。

『不惑のスクラム』は、“不惑ラグビー”という40歳以上の選手だけが出場できる草ラグビーを題材にしている。

死に場所を探していた丸川良平が不惑ラグビーに出会う。暑苦しい男たちのお節介により、丸川はラグビーを通じて人生を見つめ直す。それぞれの事情を抱えながら社会で闘う大人たちを描いている。

ラグビー日本代表の大野均(東芝ブレイブルーパス)は、「草ラグビーを通じて集まった中年サラリーマンたちも、我々ラグビー日本代表と同じだけの熱をグラウンドで発し、同じくラグビーを通じて生きるということを実感している。その姿が文章からまざまざと浮かび上がり、胸が熱くなりました」とコメントを寄せている。

著者の安藤氏は2年以上前から実在の“不惑ラグビーチーム”を取材し、練習や飲み会に何度も参加。執筆中の昨年はラグビーワールドカップがあり、作中の物語や描写も現実に即して手を加えられている。280ページ。1600円(税抜き)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top