エデン・アザールが同点弾…チェルシー、トッテナムの夢を打ち砕く | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

エデン・アザールが同点弾…チェルシー、トッテナムの夢を打ち砕く

スポーツ 短信
サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
イングランド・プレミアリーグは5月2日、残っていたチェルシー対トッテナム・ホットスパーの試合が行われた。逆転優勝を目指すトッテナムだが、2点リードから追いつかれ2-2の引き分けに終わった。この結果によりレスター・シティの優勝が決定している。

前日の試合で岡崎慎司のレスターがマンチェスター・ユナイテッドと引き分けたため、引き分けすら許されない状況で今節を迎えたトッテナム。前半35分にハリー・ケインのゴールで先制すると、同44分にはソン・フンミンが追加点を挙げる。

これで勝負ありかと思われた試合は、しかし後半開始からエデン・アザールを投入したことで流れが変わる。チェルシーは後半13分にCKからガリー・ケーヒルが決めて追い上げた。

キレのある動きでトッテナム守備陣を翻弄するアザールは後半38分、相手DFに囲まれながら狭いスペースを通してジエゴ・コスタにパス。エリア内でコスタからボールが戻ってくると、ダイレクトでゴール右上隅の一点を打ち抜いた。

試合終盤に逆転優勝が遠のく失点を喫したトッテナム。その後はラフなプレーが目立ち、後半40分過ぎからだけでも4枚のイエローカードを受けた。試合終了直後も乱闘かという騒ぎがあり、注目の試合は大荒れの中で幕を閉じた。

ロンドンに本拠地を置くチームどうし、意地と意地をぶつけ合った試合にファンからは、「試合終盤は優勝したいトッテナムと、絶対に優勝させたくないチェルシーの意地が見えた」「主力の引き抜きさえなければ、トッテナムは来季も期待できそうだ」「ダーティーな試合だったけど、それだけ両者とも気合いが入っていた」「両チーム合わせてイエローカード12枚出しながら退場者はなし、というね」「大荒れの試合だったけどよく審判は裁いた」などの声が寄せられている。

チェルシーのフース・ヒディンク監督は試合後、「気持ちのこもった激しい試合だったね」とコメントしている。

「簡単なミスから失点して0-2とされてしまった。ハーフタイムのメンバー変更がうまくハマってくれて良かったよ」

昨季リーグMVPながら、今季はケガもあり不振が続いていたアザール。大一番で美しいゴールを決めた彼については、「彼の賢さがチームに勢いをもたらしていた。以前の姿を取り戻してくれたように見えたね。素晴らしいの一言だ」と活躍を称えた。


《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top