ヤクルト連敗ストップ、つば九郎もブログで喜び「みんなえみふる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト連敗ストップ、つば九郎もブログで喜び「みんなえみふる」

スポーツ 短信

つば九郎
  • つば九郎
ヤクルトは4月28日、神宮球場で広島と対戦し6-4で勝利した。初回に一挙6得点の猛攻を見せたヤクルトは、先発の新垣渚投手が6回を投げ5安打4失点、7奪三振、2四死球で勝利投手になっている。

広島は先発の岡田明丈投手が大誤算。1アウトしか取れず6失点で降板した。その後を継いだ九里亜蓮投手が粘りヤクルト打線を無得点に抑え、打線も2本の本塁打などで追い上げる。しかし、ヤクルトが七回以降の3イニングを3人の投手リレーで逃げ切り、連敗を3で止めた。

久々の勝利にヤクルトのマスコット・つば九郎も喜びのブログを更新。『がんばったも~ん。』と題したエントリーでは、「なかなかとうばんきかいがなかったけど、れんぱいすとっぱ~ありが10!」と先発の新垣を称えた。リリーフ登板した秋吉亮投手についても、「あきよしくんの、あんていは、ごいす~やね」と1回無失点の中継ぎエースを称賛している。

この日のブログには連敗ストップを喜ぶファンからの、「つば九郎さん、そして選手の方お疲れ様でした」「つばちゃん、おつかれさまでした。かてて、よかったよかった!!」「かったー!みんなえみふるになれたよー。あしたもばんがって!」「びさひさのしょうり、、、うれしい。やっぱり、かつと、えみふるになれるね」などのコメントが寄せられている。

連覇を目指して臨んだ今季。ヤクルトは11勝15敗の5位と出遅れているが、ここから連勝で巻き返していきたい。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top