田中将大、力投も勝ち負けつかず…ヤンキースはサヨナラ勝ち | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

田中将大、力投も勝ち負けつかず…ヤンキースはサヨナラ勝ち

スポーツ 短信

田中将大 参考画像
  • 田中将大 参考画像
ニューヨーク・ヤンキースは4月23日、タンパベイ・レイズと対戦し3-2で勝利した。先発した田中将大投手は7回を投げ5安打2失点、7奪三振、1四球で勝ち負けはつかなかった。

初回を三者凡退で抑えた田中。1点リードで迎えた四回にコーリー・ディッカーソンの適時二塁打で同点に追いつかれると、五回にも1点を失って勝ち越される。その後は無失点で抑えた田中、七回裏にジャコビー・エルズベリーの適時打で追いつき負けは消えた。

試合は九回裏に2死走者なしから、ブレット・ガードナーのサヨナラ本塁打でヤンキースが勝利した。

田中の投球とヤンキースの勝利にファンからは、「ヤンキースタジアムは劇的な勝利で大盛り上がりだったけど、力投した田中に勝ちがつかないのは残念」「何だかんだ田中は安定してるな」「ヤンキース打線の援護が…そろそろ勝ちついてほしいな」「サヨナラはしたものの、最近のヤンキースの打線が湿りっぱなし!」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top