岡崎慎司、アジア最終予選でUAEにリベンジ誓う「あの悔しさは忘れられない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

岡崎慎司、アジア最終予選でUAEにリベンジ誓う「あの悔しさは忘れられない」

スポーツ 短信

2015年アジアカップ準々決勝(c)Getty Images
  • 2015年アジアカップ準々決勝(c)Getty Images
  • 岡崎慎司 参考画像(2016年3月24日)
  • UAE代表(2015年1月23日)(c)Getty Images
4月12日にロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選の組み合わせ抽選会が行われ、日本はUAE、タイ、イラク、オーストラリア、サウジアラビアと同じB組に入った。

アジアの出場枠4.5を争う戦いは9月1日のUAE戦から始まる。この組み合わせにレスターのFW岡崎慎司は、「初めにUAEともう1回できるのはうれしい。ここに入ってこいと思っていた。やっぱりあの悔しさは忘れられないんで、ここで勝ちたいという思いはあった」と話した。2015年アジアカップ準々決勝で敗れたUAEへのリベンジを狙っている。

グループ全体の印象については、「どこも簡単じゃない」と厳しい戦いを予想する。

「サウジアラビアもUAEも、タイも実力が上がってきている。全体のレベルが上がってるなという印象はある。アジア予選は計算できない。毎試合ハードな試合になる。自分たちも簡単にアジアでは勝てない」

アジア予選は各組み上位2チーム以内に入れば本戦出場が決まる。B組では日本とオーストラリアが頭ひとつ抜けているという見方もあり、いかにそれ以外の3ヶ国から勝ち点を取りこぼさないかが重要となりそうだ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top