中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売

エンタメ 出版・映像

中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売
  • 中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売
  • 中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売
  • 中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売
  • 中村憲剛の生きざまを描いたノンフィクション「残心」が4/15発売
講談社は、「残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日」を2016年4月15日(金)に発売する。

「残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日」は、サッカーがうまくなりたいと悪戦苦闘を続ける中村憲剛選手の生きざまを描いたノンフィクション作品だ。著者は、スポーツライターの飯尾篤史氏。ワールドカップをはじめ、国内外のサッカーシーンを中心に取材活動を行っている。

南アフリカ・ワールドカップで残した大きな悔いをブラジルで晴らすため、「日本代表」と「川崎フロンターレ」で前進しようとするが、代表メンバーから落選した中村選手。挑戦と挫折を繰り返し、高い壁にぶつかり、それを乗り越えていく中村選手の物語が綴られている。

中村選手は発売にあたり、「2004年のJ2時代から誰よりも近くで自分のことを観てくれていたライター飯尾篤史さんに、2010年南アフリカW杯から今まで描いていただきました。自分なりの挑戦や挫折をずっとそばで見続けてくれた飯尾さんだからこその内容となっています」とコメントしている。定価は1,500円(税抜)。

■目次
・1章:落選 運命の一日
・2章:激闘 南アフリカでの葛藤
・3章:渇望 高まる移籍熱
・4章:波瀾 思わぬすれ違い
・5章:新風 理想のサッカーとの出会い
・6章:焦心 揺れ動く日本代表への想い
・7章:疾走 史上最高の中村憲剛
・8章:閃光 届かなかったブラジル
・終章:熱源 いつだって未来は明るい
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top