男子ゴルフ・松山英樹、首位と3打差の5位で決勝ラウンドへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

男子ゴルフ・松山英樹、首位と3打差の5位で決勝ラウンドへ

スポーツ 短信

松山英樹 参考画像(2016年4月8日)
  • 松山英樹 参考画像(2016年4月8日)
  • 松山英樹 参考画像(2016年4月4日)
男子ゴルフのマスターズは4月8日、米国ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで2日目を行った。強風が吹く難しいコンディションに上位選手も苦戦する中、松山英樹はイーブンパーで周り5位で決勝ラウンドに駒を進めた。

松山は1番でボギーを叩き前半は波に乗りきれなかったが、後半の12番でロングパットを沈めバーディとすると13番、14番でも連続バーディ。18番ではボギーを叩いたがトータル1アンダーの5位でフィニッシュ。前日の13位タイから順位を上げ、優勝争いの一角として3日目に向かう。

日本人メジャー初制覇も見えた松山にファンからは、「松山英樹くんすごい。明日からも頑張れ!」「決勝ラウンド楽しみ。スピースとマキロイが警戒しあってその間に松山英樹が伸び伸びと伸ばしていく…なんてな」「上位がスコア伸ばせないからひたすら我慢すればチャンス!」「世界の松山英樹きてるなこれ」など期待の声が寄せられる。

2日目を終えて首位は4アンダーのジョーダン・スピース。スピースは昨年この大会を史上最少タイのスコアで21歳にして制した。今回は史上4人目の連覇をかけて参加している。2位には今大会に史上6人目の4大メジャー制覇(キャリアグランドスラム)がかかるロリー・マキロイが入った。1打差で逆転を狙っている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top