広島・黒田、完封勝利で今季2勝目…日本では3226日ぶり | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島・黒田、完封勝利で今季2勝目…日本では3226日ぶり

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
広島は4月2日、マツダスタジアムで巨人と対戦。広島・先発の黒田博樹投手が、日本では3226日ぶりとなる完封勝利を挙げた。試合は3-0で広島が勝利した。

黒田が巨人打線を3回まで無失点に抑えると、広島は3回裏に田中広輔内野手の適時打で先制。続く4回裏には、丸佳浩外野手に今季第1号の本塁打が飛び出してリードを広げた。投げては、黒田が9回を投げてわずか4安打に抑える完璧な投球を見せた。

これに対して、「今日は黒田につきる。貫録のピッチングだったね」「黒田を打てる気配がなかった。完敗だね」「田中も丸もよう打った!上位打線が打つと打線が活性化していいね」「最後まで投げさせるとは思わなかったけど、さすが黒田。昔はミスター完投とか言われていたこともあったくらいだし」など、ファンからは黒田の投球を称賛する声が相次いでいた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top