阪神、完封リレーで快勝…キャプテン鳥谷が決勝打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、完封リレーで快勝…キャプテン鳥谷が決勝打

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
阪神は4月2日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。鳥谷敬内野手が決勝打を放つなど投打がかみ合い、5-0で快勝した。

昨日の試合でまさかのサヨナラ負けを喫した阪神。0-0で迎えた6回表、満塁の好機を作ると、鳥谷敬内野手が2点適時打を放って幸先よく先制。さらに9回表には、1死一、二塁の場面で高山俊外野手が適時打を放って突き放した。投げては先発の岩貞祐太投手ら3投手のリレーでDeNA打線をシャットアウトした。

これに対して、「岩貞投手お立ち台おめでとう!」「岩貞くん、勝利おめでとう。トリさん、高山くんナイスバッティング!梅ちゃんナイスリード。みんな素晴らしい!」「おつかれさん!明日もがんばってや~」「岩貞さんのナイスピッチングにキャプテン鳥谷さんの復活打、これは価値ある一勝になった!」「岩貞、ナイスピッチング!今季初勝利おめでとう!4回凌いだらスイスイだったな。 次も腕を振って思い切ったピッチング頼むで」など、岩貞の好投を称賛する声が相次いでいた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top