横浜スタジアム、360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜スタジアム、360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始

イベント スポーツ

横浜スタジアムで360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始
  • 横浜スタジアムで360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始
  • 横浜スタジアムで360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始
  • 横浜スタジアムで360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始
  • 横浜スタジアムで360度映像コンテンツ「360ベイスターズ」開始
Galaxyは横浜DeNAベイスターズと協業し、360度映像コンテンツ提供サービス「360ベイスターズ」を開始した。

360ベイスターズでは、ゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」を使用して、同球団オリジナルの360度映像コンテンツが楽しめる。3月29日の横浜スタジアム内での本拠地開幕とともにサービス提供がスタートした。

コンコースには、360度映像をGear VRで体験できるブースが登場。Gear VRが各1台設置されたスカイバーカウンター全14BOXでも、360度映像の無料視聴が開始された。オフィシャルグッズショップでは、ベイスターズと同社のオリジナルコラボレーショングッズを販売。

コンテンツの体験者からは、「グラウンドに自分が立っている感覚になってテンションが上がった」「ぜひショートのポジションから試合を観てみたい」などコメントが寄せられ、初日からファンの注目を集めた。

3月21日には開幕戦に先駆けて、公式サイト特設ページでオリジナルの360度映像コンテンツ配信を実施。その場にいる様なアングルでシートノック、ブルペン、フリー打撃といったシーンを観られる映像に、「スゴい!」「おもしろい!」といった声が多数寄せられている。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top