丸山茂樹「賞金1億円、選手は嬉しい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

丸山茂樹「賞金1億円、選手は嬉しい」

スポーツ 短信

ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定
  • ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定
  • ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定
  • ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定
  • ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定
  • ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定
ネスレ日本は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の大会公式アンバサダーに、丸山茂樹プロの就任を決定した。

発表会見では、丸山茂樹プロとネスレ日本の高岡浩三社長によるトークショーが行われた。海外への日本人選手の進出などについて丸山プロは、考えを述べた。

ーーーーーネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯についてーーーーー

(高岡社長)この4月から近藤共弘プロが、当社の社員になってもらうんですね。そしてうちの大会に出てもらうのですが、英語を勉強するにはどうすればいいのか、聞いてくれる。そういう志が大事です。プロ選手を会社というサラリーマン社会に入れることは近藤プロにとっても、会社にとってもWin-Winの関係です。もともとの志は、グローバルに戦える日本の選手を応援したいという想い。海外に出なさいと言っても、先立つものが必要ですから。賞金は5000万円からスタートして、7000万円、1億円と。1億円という優勝賞金はグローバルでも妥当な額だと思います。

(丸山プロ)この賞金というのは選手には大きい。マッチプレーではありますが1億円というのは嬉しいですよね。

(高岡社長)1回戦で負けた選手、2回戦で負けた選手にも残ってもらう。プロがプロとして、お客様に楽しんでもらう、プロアマ大会に参加してもらうと。2015年にはじめて、1回戦で負けた選手にも最後まで残って、プロアマ大会で楽しんでもらう。スポンサーを集めるにも有効な手段ですし、選手が自分たちの力でスポンサーを募るというやり方ですね。

(丸山プロ)試合が終わった次の日、プロアマ大会が行われたりとか、次の会場でもあったりとか、意外と1週間の経費がこのプロアマ大会で補えてしまうということもあります。新人選手などが行けば、出会いがあって契約に結びついたりとか、競技を知ってもらう、見方を変えてもらう、そうしたことにもつながります。人のネットワークが広がりますよね。ちゃんと接してくれれば、男子プロもいいところがあるとわかります。我々は敬語があるのでなかなか伝わらないけれど、英語ならすごい偉い人と、フランクにコミュニケーションを取れますね。最近は日本の選手も一対一で喋れる選手が増えてきましたね。

(高岡社長)マッチプレーのプロアマ大会は楽しいという評価を、お客様にもいただいていてこれは嬉しいですね。

(丸山プロ)今回はアンバサダーとして、今後期待できる選手、世界に目を向ける選手の背中を押してあげたいというのはあります。きちんとした意識、ホスピタリティのところもですね。そして温度差といいますか、そういうところも出せたらと思います。グローバル化が叫ばれている日本のゴルフ界において、この大会は柱になっていってもらいたいと思います。

(高岡社長)アンバサダーとして丸山プロ、ホストプロとして片山晋吾プロなどにご支援いただきます。そうそうたるプロの皆様にサポートしていただきます。そしてネスレ、トヨタさんのレクサス。このような格好で長きにわたって日本の選手をサポートするランドマーク的な試合にして行ければと思います。そして会場だけでなく、テレビ、インターネットなど視聴者の皆様にもホスピタリティをご提供できればと思います。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top