ビクトリア・アザレンカ、BNPパリバ・オープン優勝…女王返り咲きに意欲 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ビクトリア・アザレンカ、BNPパリバ・オープン優勝…女王返り咲きに意欲

スポーツ 短信

ビクトリア・アザレンカがBNPパリバ・オープンで優勝(2016年3月20日)
  • ビクトリア・アザレンカがBNPパリバ・オープンで優勝(2016年3月20日)
  • ビクトリア・アザレンカ(右)とセリーナ・ウィリアムズ(2016年3月20日)
テニスのBNPパリバ・オープンは3月20日、女子シングルス決勝で第13シードのビクトリア・アザレンカが、第1シードのセリーナ・ウィリアムズを6-4、6-4で下し2012年の大会に続いて2度目の優勝を果たした。

気温が30度を超えたインディアンウェルズ。序盤からセリーナがミスを連発し、アンフォーストエラーの山を築く。勝機を見出したアザレンカは最後まで主導権を相手に渡さず、ストレート勝ちで優勝を決めた。

この勝利で世界ランキングもトップ10に返り咲いたアザレンカ。元女王はセリーナとの21度目の対戦を振り返り、「最高の気分。1週間を通してのパフォーマンスにとても満足している。自分の成長にも満足。とにかく落ち着いていたし、自分が正しいことをしていると分かっていたから、それを続けるだけだった。セリーナは決してあきらめない選手でファイトしてくると分かっていたから、集中を保ってアグレッシブにあり続ける必要があった」と語った。

1月にブリスベン国際を制し、2013年以来のWTAツアータイトルを獲得しているアザレンカ。全豪オープンで2012年、2013年に連覇を達成し、世界ランキング1位も経験したが、近年はケガに悩まされてきた。

復活の兆しが見えた今回の勝利後アザレンカは、「とても満足しているけど、まだ始まったばかりという感じがする。成長を続けていきたいし、ランキングも上げていきたい。ナンバーワンになることしか興味がないの」と女王返り咲きに意欲を見せた。

Nothing comes easy, but it's a lot of fun to work hard to chase after your dreams!

Victoria Azarenkaさんの投稿 2016年3月20日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top