「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売

エンタメ 出版・映像

「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売
  • 「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売
  • 「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売
  • 「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売
  • 「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売
  • 「山と高原地図」2016年版、全面改訂を8点実施…3/23発売
昭文社は、登山地図シリーズ『山と高原地図』2016年版を3月23日より発売する。2016年版は昨年からスタートした収録範囲や縮尺の見直しを伴う全面改訂を8点で実施している。

全面改訂を行ったのは、「11磐梯・吾妻」「17志賀高原」「24大菩薩嶺」「25雲取山・両神山」「28丹沢」「38乗鞍高原」「48六甲・摩耶」「56阿蘇・九重」。

同地図は通常5万分の1の縮尺が採用しているが、分岐や複雑なルートには拡大図やイラストを掲載。道迷いを防止する。真北と磁石が示す磁北の偏差を確認するための「磁北線」は、地図に一定間隔で表示。偏差の確認が簡単に行える。

またアイコンを改良し、視認性をアップ。コースタイムや危険箇所、分岐の名称などの表示も見やすくしている。小冊子は登山計画に役立つ情報を増加。コースタイムや解説などに加え、高低差グラフの追加、日帰り向きか一泊が必要かなど登山プランの提案を行っている。

四六半裁判+コースガイド小冊子で、各1000円(税抜き)。全59タイトル一斉発売。また、スマートフォンアプリ「山と高原地図」のリニューアルも4月上旬に行う。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top