スカパー!のパラリンピック放送への想い「1回だけでいいからまずは観て欲しい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スカパー!のパラリンピック放送への想い「1回だけでいいからまずは観て欲しい」

スポーツ 短信

ステファニー・ジャレン
  • ステファニー・ジャレン
  • スカパー!が「リオパラリンピック24時間専門チャンネル」を開局
  • スカパー!パラリンピックチームのリーダーを務める渡部康弘氏
スカパー!は、ブラジル・リオデジャネイロで9月に開催されるリオ2016パラリンピック競技大会の放送に伴い、「リオパラリンピック24時間専門チャンネル」を開局することを3月15日に発表した。

2008年から障がい者スポーツを放送しているスカパー!は、リオパラリンピックに向けて、社内横断的にプロジェクトを組んできたという。

スカパー!はパラリンピックの2大会の放送権(2014年ロシア・ソチ冬季大会と2016年リオ大会)を、NHKからサブライセンスで取得している。ソチ大会では専門チャンネルを導入して連続放送を200時間以上行い、そのうち60時間以上を生中継した実績がある。

スカパー!の障がい者スポーツ中継の哲学は、2008年より一貫している。それは、

・スポーツ中継として放送する
・アスリートとしてリスペクトする

この2点だ。これらの方針が、スカパーのパラリンピック関連のプロジェクトの根幹となっている。

リオパラリンピックへの編成方針については、以下の3点が挙げられた。

・24時間パラリンピック専門チャンネルを開局
・日本人選手出場選手の生中継を中心に毎日複数競技を放送
・毎日2時間のデイリーハイライト番組を放送

パラリンピックチームのリーダーを務めるスカパー!の渡部康弘氏は、障がい者スポーツを福祉やドキュメンタリーとしてではなく、スポーツ中継として放送するべく活動していることを説明した。

「だまされたと思って1回見て欲しい。観た上で合わないという人がでるのはしょうがないが、1回観たら驚き、感動を味わえると思う。パラスポーツを観たことがない人は、1回だけでいいからまずは観て欲しい」
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top