「チャレンジャーの気持ちで」17歳・清水綾乃、全仏オープン・ジュニアのワイルドカード選手権に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「チャレンジャーの気持ちで」17歳・清水綾乃、全仏オープン・ジュニアのワイルドカード選手権に

スポーツ 選手

全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した清水綾乃(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した清水綾乃(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した清水綾乃(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(左)と清水綾乃(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した清水綾乃(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選(2016年3月11日)
5月にパリで行われる全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会。17歳の清水綾乃が女子日本代表として出場する。

3月9日から味の素ナショナルトレーニングセンターのクレーコートで日本予選が行われた。出場したのは日本テニス協会が選考した13歳~18歳までのプレーヤー男女各8名。清水のITFジュニアランキングは今大会で女子内6番目となる305位(2016年2月15日時点)。準決勝で第1シードの荒川晴菜(ITFランキング89位)を破って決勝に進出した。

決勝の相手は大会最年少の13歳、佐藤久真莉(ITFランキング431位)。佐藤とは初対戦だったが、落ち着いたテニスで6-3、6-2とまとめた。

「初めて対戦したので、相手のテニスはわからなかった。自分が優位になった時に、相手が逃げてくるボールでも下がらないで前に入って打てたことが勝因だと思います」

クレーコートは「遅いイメージがあって、攻めてもなかなか決まりづらい」と得意としない清水だが、「それでも攻めていくテニスをしっかり最後までできたので良かった」と振り返る。

昨年のスペイン遠征でレッドクレーを体験した時は、いつもより多く返ってくるボールに対応しきれなかった。ミスを呼び、自滅して負けてしまうことが続いたという。

「今は攻守の切り替えがしっかりできて、守るところは守れるようになった」と話す清水が、フランス・パリで行われる本大会への出場権を獲得した。

「もともとランキングがそんなに高くないので、この大会がなかったら出られる試合ではない。挑戦権をいただいたチャレンジャーの気持ちで頑張りたいです」
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top