「ワイルドカードをゲットしたい」田島尚輝、全仏オープン・ジュニアを目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ワイルドカードをゲットしたい」田島尚輝、全仏オープン・ジュニアを目指す

スポーツ 選手

全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(左/2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選で優勝した田島尚輝(左)と清水綾乃(2016年3月11日)
  • 全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES日本予選(2016年3月11日)
田島尚輝が5月にパリで行われる全仏オープン・ジュニア2016ワイルドカード選手権大会への切符を手に入れた。国内ジュニア大会でも勝利を重ねる15歳が、全仏オープン・ジュニア出場を目指す。

味の素ナショナルトレーニングセンターのクレーコートで行われた日本予選。3月11日の決勝戦、田島はひとつ歳上の清水悠太と対戦した。2016年2月15日時点のITFジュニアランキングで106位の田島に対して、清水は52位。一緒に遠征に行くこともあり、「清水選手のプレースタイルは頭に入っていた」と田島は振り返った。それを整理して試合に臨んだ。

クレーコートを一番得意と話す田島。「やりやすかったと言ったらヘンですけど、気持ちよくプレーできた」と笑う。

自身のプレースタイルを「頭を使うテニス」と語る。

「遅いテンポでやりあって、急に展開を早めたり、前に行ったり。ハードコートだとボールがパンパン決まって自分が活かせないけど、クレーだと一球一球、必要なボールが自分の中にはある」

この日の試合、清水の放つボールに揺さぶられることもあった。後半はバテてきた。5月までにスタミナ作りだ。

「しっかり1試合ずつ相手をして、優勝してワイルドカードをゲットしたいです」

2月後の試合に向けて、目を輝かせた。目指すは全仏オープン・ジュニア2016、テニスプレーヤーの憧れの地ローラン・ギャロスだ。
《五味渕秀行》
page top