37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった

イベント スポーツ

37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
  • 37000人のランナーを陰で支えているのは、10000人を超えるボランティアたちだった
2月28日、東京マラソン2016が開催した。スタート地点は東京都庁。飯田橋、皇居前、日比谷、品川、銀座、日本橋、浅草雷門、築地、豊洲を通過して東京ビッグサイトを目指す。

3万7000人のランナーを支えるのは1万人を超えるボランティアたちだ。東京マラソンのボランティアは3階層に分かれている。一般から募集された約1万人の「ボランティアメンバー」、東京マラソンでのボランティア経験があり、リーダー研修兼選考を受講。その中から採用された人のみで構成され、ボランティアメンバーを束ねる役割を果たす約600人の「リーダー」、そのリーダーたちを支える、活動経験豊富な約60人の「リーダーサポート」だ。

さらに2016年度からは、増加する外国人ランナーに対応すべく、多言語ボランティアを700人募集している。

これらの組織化によりボランティア活動を円滑に行うことを可能としている。スタート地点でも、3万7000人のランナーが駆け抜けていったあとのゴミを丁寧に拾い集めていたのは、ボランティアたちだった。


《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top