楽天・オコエ瑠偉が初の1番、ルーキーで固めた上位打線が機能 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天・オコエ瑠偉が初の1番、ルーキーで固めた上位打線が機能

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
楽天は2月25日、ソフトバンクと練習試合で対戦した。

楽天は、ルーキーで固めた上位打線が初回に早速機能。キャンプイン後、初の1番に入ったオコエ瑠偉外野手がストレートを捉え、レフト前にクリーンヒットを放つと、2番に入った吉持亮汰内野手が四球で出塁。続く3番の茂木栄五郎内野手がライト前ヒットを放ってオコエが生還した。

これを受けて、「オコエは1番の方がいきいきしている感じがしたな。8番もいいけど、やっぱり1番で見たいな」「この時期だからできる打順だけど、早速結果を出したね」「茂木は山本昌もほめてたし、首脳陣の評価も高いみたいだ。期待したい」など、ファンからはルーキーたちに期待する声が寄せられていた。

楽天はロッテからフリーエージェントで今江敏晃内野手が加入。また、入団テストで栗原健太内野手も加入した。2年連続最下位に沈んだ楽天が、今季のパ・リーグの台風の目となるか、注目が集まる。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top