コナー・マクレガー、UFC196の対戦相手はネイト・ディアス | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コナー・マクレガー、UFC196の対戦相手はネイト・ディアス

スポーツ 短信

コナー・マクレガー 参考画像(2015年12月12日)
  • コナー・マクレガー 参考画像(2015年12月12日)
  • ネイト・ディアス 参考画像(2014年12月13日
3月5日に開催される格闘技イベントUFC196で、フェザー級王者コナー・マクレガーの対戦相手がネイト・ディアスに決定。ふたりの試合は170ポンド(約77.1キロ)のウェルター級契約で行われるとUFCが2月23日に発表した。

ライト級王者ハファエル・ドス・アンジョスとの対戦が予定されていたマクレガー。この試合に勝てばフェザー級のベルトを保持しながら、ライト級タイトルも獲得する『同時2階級制覇』だったが、ドス・アンジョスの負傷欠場により夢の一戦は流れた。

対戦相手のディアスはリアリティ番組『TUF(The Ultimate Fighter)』シーズン5で優勝し、2007年からUFCに参戦している。これまで五味隆典やドナルド・セラーニに勝利を収めてきた。

最近3試合で2勝1敗と調子は良く、ライト級ランキングでは6位につけている。ディアスは2015年12月19日の『UFC on FOX 17』でマイケル・ジョンソンに勝利したあと、激しい口調でマクレガーに対戦を要求していた。

この対戦に格闘技ファンは、「むちゃくちゃ面白そう」「マクレガーは2階級上のウェルターでやるのか。本気で3階級制覇狙ってるんだな」「ディアスには大きなチャンスだ」「ディアスのファンにはうれしい展開。熱い試合になるよ」「普通に考えればディアス有利。だがマクレガーは何かやってくれそう」と熱い試合を期待する。

開催まで2週間を切り、メインイベントに穴は開けられないとUFCも代役探しに奔走した。ほとんど準備期間がない中で受けたディアス、ウェルター級契約を呑んだマクレガー。どのような試合になるか注目だ。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top