冬季ユース五輪、小山陽平が男子大回転で銀メダル獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

冬季ユース五輪、小山陽平が男子大回転で銀メダル獲得

スポーツ 短信

冬季ユース五輪、小山陽平(左)が男子大回転で銀メダル獲得(2016年2月17日)
  • 冬季ユース五輪、小山陽平(左)が男子大回転で銀メダル獲得(2016年2月17日)
ノルウェー・リレハンメルで2月17日に行われた冬季ユース五輪のアルペンスキー男子大回転で、日本の小山陽平が銀メダルを獲得した。日本勢が今大会でメダルを獲得するのは6人目。

2本滑った合計タイムで競われる男子大回転。小山は1本目で1分18秒の好タイムを出し3位につけると、2本目も1分18秒12でまとめ合計タイム2分36秒12でアメリカのリバー・ラダムスに次ぎ、2位入賞を果たした。

小山の入賞には「ジャイアント・スラロームが強いのは実力の証!」「このまま2年後も!」「中学時代から有名な選手だよね。シニアになってから伸び悩む選手も多いけど、順調に成長してほしい」「日本のアルペン界は小山陽平と加藤聖五のふたりの成長にかかってる…」など、今後にも期待する声が多い。

小山は北海道の高校に通う2年生。この種目では昨年と今年の高校総体を連覇しているほか、昨年の国体も制している。2018年の平昌五輪出場を目指す17歳は、2月末からロシア・ソチで開催される世界ジュニア選手権にも出場予定。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top