レッドブル「Wings For Life World Run」…全参加費が脊椎損傷の治療研究へ寄付 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レッドブル「Wings For Life World Run」…全参加費が脊椎損傷の治療研究へ寄付

イベント 文化
レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
レッドブルが全世界で行っているランニングイベント「Wings For Life World Run」のアンバサダー就任発表会が1月20日、東京都内で行われた。

脊椎損傷の治療研究への資金援助を目的とした同イベント。全世界で集まった参加費と同額が、研究への助成をしているWings For Life財団に寄付される。

日本せきずい基金の大濱眞理事長はアンバサダーに就任し、発表会にも登壇。大濱さんは脊椎損傷の治療研究の現状などについて語った。

「2018年からIPS細胞を本格的に使った国家治療プロジェクトが始まります。ひとつでもいいから治療を実現させたい。それには色々な人に応援してもらうことが大事。最後は研究、臨床の段階でお金がかかるが、治療がかなり可能なものとなりつつある。『Wings For Life World Run』に色々な方々に参加してもらって、集まったお金を寄付していただけるこのイベントにはとても期待している」

一般ランナーに向けてもコメントした。

「脊髄損傷は治らないのが定説だった。つい最近それが変わって、治るようになってきた。脊髄損傷が治るというのはどういうことかというと、脊髄の中枢系神経が治るところにつながってくる。つまり脳梗塞などの治療もIPS細胞を活用してできるようになっていくということ。走るのは楽しい。そして、私たちのような困っている人が治る可能性を応援することができる。そういった意識をもって参加していただけるとうれしい」

《大日方航》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top