ソフトバンク・松田宣浩、残留を表明…来季も背番号は「5」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・松田宣浩、残留を表明…来季も背番号は「5」

スポーツ 選手

松田宣浩 参考画像(2014年11月14日)
  • 松田宣浩 参考画像(2014年11月14日)
ソフトバンクの松田宣浩内野手は12月24日、福岡市内のヤフオクドームで会見を開き、ホークス残留を宣言した。球団と松田は4年総額16億円(推定)で合意した。

メジャー挑戦も視野に入れ海外FA権を行使した松田。サンディエゴ・パドレスとも交渉を進めたが、三塁手のほかに複数の内野ポジションをこなすことが求められ、そこに釈然としないものを感じたと明かした。一方のソフトバンクは王貞治球団会長が自ら残留を求め、最大級の熱意と誠意を伝え続けてきた。

松田の残留宣言にファンからは、「よかった。これで一安心ですね」「これからも頼むぞ!ミスターホークス」「最高のクリスマスプレゼント」「よく決断してくれた、ありがとうマッチ!」「マッチのいないホークスなんて寂しすぎる!」など、喜びのコメントが多く寄せられている。

球団との話し合いでは、背番号を「3」に変更することも検討されたというが、愛着ある背番号「5」のまま2016年も戦うことが決まった。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top