デトロイト・ライオンズ、敵地でニューオリンズ・セインツに勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

デトロイト・ライオンズ、敵地でニューオリンズ・セインツに勝利

スポーツ 短信

デトロイト・ライオンズ対ニューオリンズ・セインツ(2015年12月21日)
  • デトロイト・ライオンズ対ニューオリンズ・セインツ(2015年12月21日)
  • デトロイト・ライオンズ対ニューオリンズ・セインツ(2015年12月21日)
12月21日にNFLは第15週のマンデー・ナイト・フットボール、デトロイト・ライオンズ対ニューオリンズ・セインツの試合が行われた。クォーターバック(QB)マシュー・スタッフォードの活躍もあり、ライオンズが35-27で勝利している。

立ち上がりから好調のスタッフォードは、前半だけで3つのタッチダウンパスを通し21-3と大きくリードする。最大でリードを25点まで広げたライオンズ。第4クォーターにセインツの猛反撃に遭うが、ランニングバック(RB)ジョイケ・ベルのタッチダウンランが決まり8点差で逃げ切った。

この結果にファンからは、「前半はライオンズ、後半はセインツの勝利。最後はドキドキだったよ」「この調子でひとつでも多く勝ってシーズンを終えよう」「ライオンズ、セインツとも5勝9敗…もっと勝っててもいいと思うが」という声がある一方、「地区最下位同士、やや消化試合の雰囲気もあった」「結果は気にしない。私の興味はドラフトに向いてるからね」などの意見もあった。

Detroit Lions roar through the Big Easy! #DETvsNO

Posted by NFL on 2015年12月21日
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top