アリスター・オーフレイムの豪腕炸裂、ドス・サントスにTKO勝利…UFC | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アリスター・オーフレイムの豪腕炸裂、ドス・サントスにTKO勝利…UFC

スポーツ 短信
アリスター・オーフレイム 参考画像(2015年3月14日)
  • アリスター・オーフレイム 参考画像(2015年3月14日)
12月19日に開催された格闘技イベント「UFCファイトナイト・オーランド」で、アリスター・オーフレイムが元ヘビー級王者ジュニオール・ドス・サントスをTKOした。

本来この対戦は2012年5月のUFC146で実現するはずだった。だが、抜き打ちのドーピング検査を受けたアリスターの検体から、基準値を大幅に上回るテストステロンが検出され中止。その1年後にもマッチメイクされたが、今度はアリスターのケガにより実現しなかった。

3年越しの決着をつける舞台でアリスターは、第2ラウンドにドス・サントスの左ジャブを避けながら前へ出て、狙いすました左フックであごを打ち抜く。倒れた相手への追撃も決まりレフェリーが割って入った。

立ち上がりから慎重な姿勢が続き、終始カウンター狙いだったアリスター。試合後のインタビューでは、「ドス・サントスはとても危険な相手だった。非常に強力な打撃を持っている。だから慎重に相手を見て、リズムをつかみながらゆっくりダメージを与えた」とコメント。しっかりしたゲームプランを立てたことが勝因としている。

一撃で試合を決めたアリスターにファンからは、「アリスターは自分の打たれ弱さをよく分かった戦い方するようになって安定感でたね」「アリスターが強いって印象よりJDSが壊れちゃったって感じだよね、ここ数戦で」「プレッシャー掛けてたのはドス・サントスだったんだがな」「若干展開はブーイングだったけど、作戦勝ちでもあるかもね」「あの勝ち方は予想してなかった」など、展開・結果とも予想外との声が多い。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top