元オリックス・馬原孝浩が引退、歴代7位の182セーブ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

元オリックス・馬原孝浩が引退、歴代7位の182セーブ

今シーズン限りでオリックスを退団していた馬原孝浩投手が、現役引退を決めたことが12月14日に分かった。2004年のドラフト自由獲得枠でホークスに入団し、2007年には最多セーブ王のタイトルも獲得した名リリーフだった。

スポーツ 選手
野球 イメージ
  • 野球 イメージ
今シーズン限りでオリックスを退団していた馬原孝浩投手が、現役引退を決めたことが12月14日に分かった。2004年のドラフト自由獲得枠でホークスに入団し、2007年には最多セーブ王のタイトルも獲得した名リリーフだった。

馬原はマネジメント会社を通じ、「ベストパフォーマンスができなくなった。今が現役を終えるときだと判断した」とコメントを出している。

150キロを超える直球とフォークを武器に2007年は38セーブを挙げた馬原。ワールド・ベースボール・クラシック日本代表にも2度選ばれた経験を持ち、日本を代表するリリーフ投手のひとりだった。

馬原の引退に野球ファンからは、「まだまだ投げられるように見えたけど、本人的には身体が限界だったのかな」「引退が早すぎる。不完全燃焼だと思う」「今でもホークスの守護神といえば馬原のイメージ」「すごくスター性のある選手だった。お疲れ様でした」「おれの中で鷹のエース和巳と守護神馬原の図式が崩れない」などの声が寄せられている。

通算成績は385試合登板、防御率2.83、23勝31敗、182セーブ。セーブ数は歴代7位。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top