ロッテのサブロー「来季は最後のつもりで」…大幅ダウンにも納得のサイン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテのサブロー「来季は最後のつもりで」…大幅ダウンにも納得のサイン

スポーツ 選手

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ロッテのサブロー外野手が12月8日、QVCマリンフィールドで契約更改交渉に臨み、50%ダウンの6500万円(推定)でサインした。

今季は主に代打として36試合に出場。打率.217、本塁打1本という低調な結果に終わっていた。交渉後、サブローは「正直、終わりかけというのは自分でも理解している。来季は最後のつもりで」と語った。

これに対して、「ロッテの4番といえばサブロー。来年は4番に座るサブローの試合をできるだけ見たいんだよな」「途中、巨人に行ったりとかあったけど戻ってきてくれた。最後はロッテで終わってほしい。ファンはそう思っているぞ」「今季は寂しい成績だったけど、来季燃え尽きるつもりでがんばってほしい」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

2005年、2010年とロッテの日本一に4番打者として大きく貢献したサブロー。長年にわたる球団への貢献度は計り知れない。現役生活22年目となる来季は集大成のシーズンとなるのか。再び輝く勇姿をファンに見せてほしい。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top