【ツール・ド・東北15】水越ユカ、次は170kmコースに意欲「挑戦してよかったです!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・東北15】水越ユカ、次は170kmコースに意欲「挑戦してよかったです!」

イベント スポーツ
シンガーソングライターの水越ユカ、100kmの北上フォンドを完走(ツール・ド・東北2015)
  • シンガーソングライターの水越ユカ、100kmの北上フォンドを完走(ツール・ド・東北2015)
  • シンガーソングライターの水越ユカ、100kmの北上フォンドを完走(ツール・ド・東北2015)
  • シンガーソングライターの水越ユカ、100kmの北上フォンドを完走(ツール・ド・東北2015)
  • 最初のエイドステーションで女川汁を楽しむ水越ユカ(ツール・ド・東北2015)
  • 最初のエイドステーションで女川汁を楽しむ水越ユカ(ツール・ド・東北2015)
  • 最初のエイドステーションで女川汁を楽しむ水越ユカ(ツール・ド・東北2015)
  • ロードバイクの乗り方を教えてくれた藤野智一さんと一緒に
  • ツール・ド・東北2015には3478名のライダーが参加した(9月13日)
宮城県沿岸部で9月13日に開催されたツール・ド・東北2015。シンガーソングライターの水越ユカさんが、100kmの北上フォンドに挑戦。大会後に話をうかがいました。

---:100km走ってみてどうでしたか?

ユカ:距離的にツラいことはまったくなかったです。最初に練習で60km走ったときは、ああこんな感じか~って(当初は60kmコースの女川・雄勝フォンドに参加予定でした)。80kmを初めて走ったときに、100kmいけるのかな、どうなのかなって。いきたいけど、でも初めてだしどうなんだろうと迷って。

(80kmに)ゴールするとここからまた20kmだとキツいなとか、今日も(ゴール後に)「次は170kmね!」とか言われると、ここからプラス70kmかっ~て思うけど、どんどん距離は延ばしていけるんだなって思いました。距離的に100kmがツラかったというのはなくて、逆にエイドがたくさんあっていっぱい触れ合えて、いっぱい東北の景色を楽しめたので100kmにして良かったなって。挑戦してよかったです!

---:来年もでてくださいって話しがきたら何kmを走りたいですか?

ユカ:170kmに行きたいです!


ロードバイクの乗り方を教えてくれた藤野智一さんと一緒に

---:今後はどのようにロードバイクを楽しみたいですか?

ユカ:マラソンはマラソンの魅力があるけど、ロードバイクにはロードバイクの魅力があって、何よりチームワークで一緒に走るっていうのと、交流すると皆さん明るくて元気で、握手~ハイタッチ~がんばろね~!って挨拶してくださいました。

すごい素敵だなと思って、また皆さんと一緒に大会やファンライドに行って「また会ったね!」とか交流していきたいですね。タイムを競うのはまだツラいと思うんですけど…。地元も富山湾沿いのコースが「世界で最も美しい湾クラブ」に入ったんですよ。地元も走ってみたいですね!

●編集後記
6月下旬に初めてロードバイクに乗ったユカさん。趣味のマラソンで鍛えた持久力があったため、目標だったツール・ド・東北の100kmコースも無事完走できました。すっかり"自転車の楽しさ"に目覚めたようです。なんと、東北シクロクロスPR大使にも任命され、次はシクロクロスにも挑戦するとか。これからも自転車イベントの会場でユカさんの姿を見る機会がありそうですね。

スポーツの秋!芸術の秋!100×3種目チャレンジ中!【Run】いよいよ、オクトーバーランが始まりました!今日は武道館から皇居1周6km!明日も頑張ります!...

Posted by 水越ユカ on 2015年10月1日
※ ※ ※

その1 100kmコースの坂に苦戦
その2 エイドステーションの名産品
その3 100kmを走ってみて
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top