そして伝説へ…メイウェザー、49戦無敗の王者が引退 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

そして伝説へ…メイウェザー、49戦無敗の王者が引退

スポーツ 短信
フロイド・メイウェザー・Jr(2015年9月12日)(c)Getty Images
  • フロイド・メイウェザー・Jr(2015年9月12日)(c)Getty Images
  • ボクシング イメージ
9月12日にボクシングのWBA・WBC世界ウェルター級タイトルマッチが行われ、フロイド・メイウェザーがアンドレ・ベルトを3-0の判定で破った。試合後メイウェザーは正式に引退を表明した。

試合はいつも通り距離を取って安全圏から進めたいメイウェザーを、ベルトがロープに詰めて密着した状態から打つ展開になった。メイウェザーは中盤、ベルトの打ち合いに付き合う場面も見せたが、明確にポイント差がついた後半は無理をしなかった。

最終ラウンド終盤にアッパーからの連打でベルトをグラつかせたが、ラスト10秒の拍子木が打ち鳴らされるとメイウェザーは大きく腕を突き上げ、距離を取り残り時間は打ち合わずに逃げ切った。この終わり方に会場からはブーイングも聞こえた。

ロッキー・マルシアノに並ぶ49戦全勝、無敗のスーパー王者だがその戦いは勝ちに徹したディフェンシブなスタイルと批判も受け、ボクシング界に賛否両論を巻き起こしてきた。それでもメイウェザーは、最後の瞬間まで自分のスタイルを曲げなかった。

ラストマッチを見届けたファンからは、「2009年くらいに万全の状態で、パッキャオ対メイウェザーが実現してほしかった。たとえメイウェザーの勝利で終わったとしても」「打ち合わない・ポイントゲームはアマでやればいい。プロボクシングはショービジネスだってことはリゴンドーが干された時点でハッキリしてる」「ショースポーツとしては面白くはないけど、負けないボクシングが出来るって一つの才能」「メイウェザーは自分の価値をわかってて一番高いところで売ったよね」「批判もあるんだろけどやっぱ別格の存在」など、その存在をめぐって相変わらず議論が起こっている。

リング上でマイクを向けられたメイウェザーは、「自分は心身ともに健康だがプロデビューして19年、今が辞めどきなんだと思う。すべてを成し遂げ、やることがなくなった。お金も十分稼いだしね」と引退を宣言した。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top