【テニス】マレーが獅子奮迅の活躍、イギリスが34年ぶりの準決勝へ…デビスカップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【テニス】マレーが獅子奮迅の活躍、イギリスが34年ぶりの準決勝へ…デビスカップ

スポーツ 短信
国別対抗戦デビスカップのアンディ・マレー(2015年7月19日)
  • 国別対抗戦デビスカップのアンディ・マレー(2015年7月19日)
  • 国別対抗戦デビスカップのアンディ・マレー(2015年7月19日)
男子テニスの国別対抗戦デビスカップは、7月17日から19日にかけて準々決勝が行われ、イギリスがフランスを3勝1敗で下し34年ぶりのベスト4進出を決めた。

イギリスはジェームズ・ワードがジル・シモンに破れ、0勝1敗とフランスに先行される苦しい展開で幕を開けた。英国テニス界の期待を一身に背負い、シングルス2試合目に登場したのはアンディ・マレーだった。

マレーは、ジョーウィルフリード・ツォンガをストレートで下し1勝1敗のタイに戻すと、翌日のダブルスにも兄ジェイミーと出場し、2勝目を挙げ勝ち抜けに王手をかけた。

ウィンブルドンの疲れも完全に抜けきってない中、3日で3試合目の出場となったシングルスでは、疲労の色が隠せずシモンに第1セットを奪われてしまう。第2セットも先行を許すが、地元ロンドンの観客から大声援を受け、最後の力を振り絞った。このセットをタイブレークで奪うと、残り2セットも連取しセットカウント3-1で逆転。

ウィンブルドンでロジャー・フェデラーに完敗した心の痛手から、まだ完全には立ち直れてないことを明かしたマレー。それでも獅子奮迅の活躍でチームを9月のオーストラリア戦へ押し上げた。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top