【自転車】世界最長9195km、シベリア横断レース「レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車】世界最長9195km、シベリア横断レース「レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム」

イベント スポーツ
レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム2015第1ステージ
  • レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム2015第1ステージ
  • レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム2015第1ステージ
  • レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム2015第1ステージ
  • レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム2015第1ステージ
シベリアを横断する世界最長のステージレース、「レッドブル・トランスシベリアン・エクストリーム2015」が7月15日にロシアの首都モスクワで開幕した。

全行程はロシア・ウラジオストクまでの9195kmで、ツール・ド・フランスの総距離の約3倍に相当する。世界各国から10人の選手が参加する中、15日の第1ステージはモスクワ~コストロマの330kmで行われた。

風、雨、晴れと天候が目まぐるしく変わったこの日、デュオ部門はロシアのイワン・コバレフとミハイル・イグナチェフ組が優勝、2位はドイツチーム、3位はイタリアチームと続いた。ソロ部門はオーストラリアのエデュアルド・ファッチスが制している。

ロシアのコバレフは「特別なチャレンジだ。スプリントでも耐久でもない。ロシアのチャレンジなんだ。道路、渋滞、動物、クレージーなドライバーため、つねに極限の集中力が必要だ。このレースで成功するためには、肉体と精神的なパワーを合わせないといけないんだ」と意気込みを語っている。

第2ステージは、コストロマ~ペルミの1094kmを1泊2日で走破する。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top