【自転車】富士スピードウェイでママチャリの耐久レース!国際レーシングコースを使用 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車】富士スピードウェイでママチャリの耐久レース!国際レーシングコースを使用

イベント スポーツ
富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
  • 富士スピードウェイで「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
富士スピードウェイは、カゴ付き買い物用自転車(通称ママチャリ)による「あさひスーパーママチャリグランプリ第9回ママチャリ日本グランプリチーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」を2016年1月9日に開催する。

同大会は、ファミリーやグループなど1チーム3~10名で構成されたチーム対抗による自転車レースだ。第1戦・第2戦は「ママチャリグランプリ」として、カートコース(1周520m)を使用した6時間のレースが開催されている。

ママチャリ日本グランプリは第3戦となり、高低差が約35mの国際レーシングコースに会場を移し、チーム内で交代しながら7時間を走りぬく。当日は、ピットガレージや暖房完備のクリスタルルーム(ピットビル2F)を無料で利用可能。ピットビル裏のパドックエリアは前日夜から開放。指定場所ではバーベキューなども楽しめる。

参加者は、普段はサイクルロードレースにも参加している本格派から、コスプレなどのパフォーマンスでアピールする人、親子で走る人まで多種多様。前回は1330チームが参加し、来場者2万4100人にのぼった。あさひが運営する修理・メンテナンスが可能なピット「ママチャリGPピット」も開設される。

参加費は1チーム2万円(税込み)。申し込みはスポーツエントリーから行う。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top