【INDYCAR 第6戦】パワーがトップスピードを記録、琢磨はホンダ勢最速の5位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【INDYCAR 第6戦】パワーがトップスピードを記録、琢磨はホンダ勢最速の5位

スポーツ 短信

カーブ・デー最速だったペンスキーのウィル・パワー
  • カーブ・デー最速だったペンスキーのウィル・パワー
  • ポール・シッターのスコット・ディクソンが2番手
  • 佐藤琢磨はこの日5番手にジャンプ・アップ
  • 琢磨にはペンスキーとガナッシの背中が見えて来たか
晴天の下、2日後の「第99回 インディアナポリス500」決勝を見据えた1時間の貴重な最終プラクティスが行われた。33台が一斉に走る中でのスピードとハンドリングの調整がテーマだ。

各ドライバーは集団走行でトウを使い合って速さを求める。トップスピードを記録したのは2番グリッドを得ているペンスキーのウィル・パワーだった。46周ものラップを重ねたパワーはなんと229マイル台(229.020マイル/h)に乗せて来た。

それに続いたのがチップ・ガナッシのふたりで、ポール・シッターのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)の228.585マイル/h。予選4位のトニー・カナーンの228.490マイル/hだった。4番手に再びペンスキーのシモン・パジェノーが228.458マイル/hと僅差で名を連ねた。決勝もやはりペンスキーとチップ・ガナッシの争いになりそうだ。

そんな中、気を吐いたのがA.J.フォイトの佐藤琢磨だった。38周を走行した琢磨は終盤の33周目に228.242マイル/hをマークし、タイミング・ボードの5番手に飛び込んだ。

前日、「自分はいいポジションに居る」と語っていた琢磨は現状を冷静に把握していたということになる。こうなると「幻の優勝」に終わったあの2012年の再現を期待せざるを得ない。そして今度こそはビクトリー・レーンで勝利のミルクを飲む姿を見たい。

決勝レースは日本時間25日午前1時20分にスタートする。
《重信直希@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top