「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング

イベント スポーツ

「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング
  • 「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング
  • 「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング
  • 「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング
  • 「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング
  • 「湾岸ラン&駅伝in 有明・お台場」当日レポート…快晴の空の下でランニング
東京マラソン財団は、5月10日(日)に東京・臨海副都心シンボルプロムナード公園(有明/台場)特設ランニングコースで「湾岸ラン& 駅伝in有明・お台場」を開催。シンボルプロムナード公園ランニングコース開設2周年記念として催され、イベントレポートが届いた。

大会コンセプトは、「Let’s Start ! ここから始めよう!みんなで走ろう、みんなで応援しよう、みんなで楽しもう! 集まれ!"フレッシュランナー" 」だ。個人ラン10km、親子ラン、駅伝・ハーフの種目に、総勢1076人が参加した。

イベントは85人のボランティアがサポートし、元ソウルオリンピック日本代表の新宅雅也さんら3人のオリンピアンと、ものまねアスリート芸人のM高史さんも参加。雲ひとつない青空の下、参加者の皆は"湾岸RUN"を楽しんだ。

親子ランに参加した寺田いずみさん(40歳・東京都在住)は、「走っている時の応援が気持ち良かったです。また娘と走りたいです」と感想を語った。また娘の夏彩ちゃん(9歳)は、かけっこ教室とボランティア給水を体験。「初めてだったので緊張したけれど、かけっこ教室で1番になれて嬉しかったです」と満面の笑みで答えた。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top