【プロ野球】ロッテと日ハム"ユウキ対決"、合計21得点の乱打戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ロッテと日ハム"ユウキ対決"、合計21得点の乱打戦

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
4月2日にQVCマリンスタジアムで行われたロッテ対日本ハムの試合は、両チーム合わせて34安打、21得点を奪い合う乱打戦になった。

ロッテの先発は唐川侑己、日本ハムは斎藤佑樹だった。不調からの復活を目指すふたりの"ユウキ対決"になった試合は、二回いきなり唐川がつかまる。ヒットとフォアボールで2アウト満塁のピンチを招くと谷口雄也、田中賢介に連続タイムリーを浴び3失点。唐川は三回、四回にも失点し3回1/3を投げ8失点で降板した。

大量援護をもらった斎藤は、先発勝利に向け五回を投げ抜きたいところだったが、こちらも四回につかまる。連打で1アウト二塁、三塁とされたところで、ルイス・クルーズが走者一掃のタイムリーヒット。さらに肘井竜蔵にもタイムリーが出て、日ハム8-3と追い上げられる。

斎藤は五回に1アウト一塁、三塁のピンチを招いたところで、勝利投手の権利目前に無念の降板。2人のユウキはともに残念な結果となってしまった。試合はその後も両チーム点を奪い合う乱打戦になり、七回に4点を追加した日ハムが12-9で逃げ切った。

勝ち投手の権利までアウト2つでの降板。試合後、斎藤佑樹は集まった報道陣に「今日は何も話したくないので」と挨拶し、頭を下げた。

栗山英樹監督は「この時期あの展開なら勝ちきらないと、チームがくしゃくしゃになってしまう。普通の投手なら四回で降板だった」と、勢いが欲しい時期特有の判断を明かした。

失意の降板となった斎藤にファンは、「祐ちゃん大丈夫、次回期待してますよ」「シーズン始まったばかりだから温かく見守っていきましょうよ」「佑ちゃん次こそチャンスをものにしてね」「斎藤批判はすぐに出てくるな。他にもっとやらかしてる選手いるのに」「斎藤佑樹投手!また次回登板も応援してます」など次回こそ勝ち星をと期待した。

斎藤はゲーム日程に余裕あるため、一旦2軍で再調整する。次回の登板では課題になった四回、五回のピッチングをどう修正してくるか注目したい。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top